自然派コラム

疾患は健康になるためのプロセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すずめ農園/ 鍼灸師の美穂です。

少し昔に聞いた講演会の内容をシェアします^^

2017年「統合医療と未来の食事」というテーマで

自然療法医学・統合医療学会の門馬登喜夫さんのお話です。

 

以下、4つのカテゴリに分けて書いています。

 

1. 健康長寿の秘訣

野生動物は、怪我や寿命があって死ぬことはあっても、人間のいう病気(ガンや生活習慣病など)にかかり死ぬことはほとんどないと言われている。では、なぜ人間は病にかかるのか。

それは、<思考・食・呼吸・運動・生活・環境>

いずれかが「不自然」「不都合」な状態だから。

 

具体的には、次の内容を生活に取り入れ変化させることが健康長寿の秘訣。

●アーマ(毒素)を排除できる生活(デトックスを意識する)

●ポジティブ

●玄米菜食・有機(オーガニック)・マクロビ

●腹式・丹田呼吸法

●アーユルヴェティック・ヨガ

●統合・伝統・自然療法

●安全な水、日用品、衣食住

●安心できる住環境

 

2. 玄米は自然・天然の抗がん剤

玄米がガン治療に効果があるという研究報告がされていて、ハーバード大学でたくさんの論文がでている。
海外の健康志向の人たちは玄米を好んで食べているが、もともと玄米を食べていた日本人では、まだまだ今は少数派。健康食として、和食の原点として、もっと多くの人が玄米を食べるようになってほしい。

 

 

2. 難病は統合医療で治せる

日本の糖尿病患者は、約1000万人以上といわれている。

現在の医学では治せないことになっている(薬で症状を抑えることはできる)が、統合医療では1ヶ月で治せる。

 

 

3. 遺伝子は意識で変えられる

遺伝子とは生れながらに変えられないもの、ではない。
医者が言う余命なんてウソ!意識次第である。
まわりになんて言われようと、ポジティブな意識を持ち続けること。

 

4. 医食同源

食べものと生活の仕方で病気は克服できる。
だから、病・疾患は健康になるための気づきをもたらすプロセスでしかない。
<思考・食・呼吸・運動・生活・環境>
このどれかを変えるべきだということを、教えてくれているのである。

 

以上、覚書のメモを文字化しました。

ざっくりした情報になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

実際に見た門馬さんは、当時65歳、黒髪でフサフサつやつやだったのですが、18年前は白髪でハゲていたと言っていました。

食事・生活を変えて、髪の色が黒くもどるし、生えてくるということがあるんですね!びっくり。

しかしながら、その見た目の若々しさは、大変に説得力がありました。

 

その後、私は統合医療やホリスティックヒーリング関連の書籍やドキュメンタリー映画を見聞きして、健康と幸福の大切な要素は、意識なのだとはっきりとわかってきました。

 

そして巷では、「アレを食べれば、コレをすれば、健康になれる!」とたくさんの情報が飛び交っていますが、人によって「いま何をすべきか」ということが違うのだと私は思っています。

 

「健康長寿の秘訣」では、食、ヨガ、呼吸法、意識、衣食住などなど、とても多岐にわたってヒントが挙げられていました。健康になりたいから、病気を治したいからと、一度に取り組もうとすると大変なストレスになることでしょう。

 

正解を求めるのではなく、自分のアンテナにピンっとひっかかった情報から、興味を持ち、学びと実践を楽しみ、変化していくことができたらいいですね^^

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
すずめ農園 美穂

すずめ農園 美穂

投稿者の記事一覧

お米が大好き!米麹を育てて、酵母を飼っています♡
ライフワークは、農/ 発酵/ 東洋医学/ マクロビ。
茶道が趣味。
農園と鍼灸師をしながら、
心と意識のことも学び実践中。

関連記事

  1. 畑歳時記と精進料理
  2. 洗濯革命!
  3. 安いたまごは何故安いのか?
  4. 寒さ対策 万全に!
  5. 稔の季節ですねー
  6. 「癒しの会」の紹介と「秋の料理教室」のお知らせ
  7. これからの時代は空気を選ぶことが大切です
  8. 無害なフライパン(終売品)

おすすめ記事

おすすめシャンプー

シャンプーや洗浄剤、化粧品などで心配されているのが経皮毒です。経皮毒とは、皮膚から体内に入る化学物質…続きを読む

VOR鉄で救われた女の子🍀

2ヶ月ほど前、娘さんのためにVOR鉄を探し求めて、ひとりのお母さんが来店されました。その娘さ…続きを読む

雑穀の知られざる魅力

近頃カフェやレストランでもよく見かける雑穀米。たんぽぽでは昔から雑穀をごはんに入れて食べ…続きを読む

PAGE TOP