自然派コラム

放射能測定しませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、私の子供の内部被曝測定をしてみました。結果は、息子(8歳)は不検出でしたが、娘(5歳)からはセシウム137が検出され内部被曝していることがわかりました。

原発事故からもうすぐ7年が経とうとしています。今の時点で、メディアなどからは目立った放射能被害は報道されていません。でも、インターネットで深く調べると、実害が多く報告されていますし、チェルノブイリ事故やスリーマイル原発事故のその後が書かれている本を読んで、楽観できないと思っていたので、まず自分の子供が実際にはどれくらい放射能の影響を受けているのかを測ってみることにしたのです。

放射能の健康被害と言うと、ガンや白血病を連想するかもしれませんが、実は一番多いのは心臓疾患だと言われています。その他にも糖尿や血管疾患(脳梗塞)など、どんな症状が出るかは人によって様々ですが、共通しているのは著しい免疫低下です。
低線量被曝による健康被害の初期症状として、鼻血が止まらないという話は聞いたことがあると思いますが、それ以外にも頭痛、倦怠感、喉の痛み、下痢、発疹、微熱など様々あることがわかっています。でも、どれもただの風邪や体調不良のような症状なので、被曝による健康被害なのかを見分ける方法がありません。

放射能は目には見えないし、匂いもしません。一気に多量に被曝しない限りはすぐに死んでしまうこともないので、今では一部の人以外は放射能のことは気にしないようにして暮らしていると思います。 しかし、関東から東北にかけては、確実に放射能の影響により、チェルノブイリと同様の被害が、静かに、でも確実に出てきています。 とは言え、どのくらい気にすれば良いのか、どれくらいから健康被害が出るのか、気にしてもその結果も分からないから、気をつけ続けるのも疲れてしまいます。

でも、内部被曝測定をする事で、どのくらい被曝しているのかが分かります。そして、その数値によってどれくらい健康リスクがあるのかも知ることができます。

私の娘は、体重1キロに約1ベクレルのセシウムがある事が分かりました。体重1キロに対し10ベクレルをこえると、かなりの確率で健康被害が出るそうなので、娘は要注意なレベルだと言えます。
息子と娘の生活環境の違いは、給食の牛乳を飲んでいるかどうかくらいです。牛乳が原因かは分かりませんが、娘の体内の放射能を排出するために、今後はミネラルや酵素を摂らせ、半身浴などで汗を出すようにさせながら、牛乳を飲ませないようにしてみようと思います。

今回の内部被曝測定を行ってくれたのは「市民の放射能測定室、小さき花」です。
子供や自分自身の内部被曝量を知りたいという人に、「小さき花」の協力のもと、たんぽぽで測定の受付をすることにしました。

測定方法は、測定者の尿を2リットル採取してもらいます。そして、検出下限が約0.1ベクレルの精密測定を行いますので、興味のある方は、スタッフまでお問い合わせください。

また、測定所へ直接申し込むことも可能です。直接申込む方法は以下をご覧下さい。

山田 朋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自然食品たんぽぽ

自然食品たんぽぽ

投稿者の記事一覧

無農薬の野菜や無添加食品、オーガニックアイテムなど、約2000アイテムを取り扱っている小さな自然食品店で、このサイトの管理者です。

自然食品たんぽぽ
〒981-3213
仙台市泉区南中山2-2-5
022-347-3345

関連記事

  1. すぐに免疫力が上がる酵母食品
  2. 畑歳時記と精進料理
  3. 不思議なくつ下
  4. 塩素の危険性
  5. 魔法のようなペンダントとコンセント
  6. 至高の森修焼『シリカ焼』
  7. おいしい野菜食べませんか?
  8. 生きた酵母で超腸美人

アーカイブ

おすすめ記事

無害なフライパン

テフロン加工(フッ素樹脂)は、フライパンや鍋などの表面コーティングに多く使われていますが、フッ素樹脂…続きを読む

自分の体と向き合う

4月に入ってようやく安定した暖かい春の日々が訪れた今日このごろ。皆さんは今年の寒くて長い…続きを読む

森修焼『シリカシリーズ』

マグカップ  4,860(税込)ロングカップ 4,860(税込)湯のみ    3…続きを読む

PAGE TOP