自然派コラム

合成洗剤が危険な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗剤を「洗浄力」「パック型の液体洗剤」などの “使いやすさ” だけで選んでいませんか?
市販の洗濯洗剤には、必ず合成界面活性剤が使われています。界面活性剤は、本来混じり合わない水と油とを混ざった状態にしてくれるので、繊維と汚れの隙間に入り込み、汚れを浮かせて落とす作用がありますが、石油から合成されたもので身体への害が心配されています。

 

石油由来の界面活性剤は「すすぎ」をしても衣類には残ってしうものです。この衣類に残った毒性や浸透力も高い界面活性剤はどうなるか? 下着や服が長時間肌に直接触れる事で、汗のかきやすい場所から界面活性剤が溶け出し皮フや角質層を通り抜け毒素が進入してしまうのです。 皮フから入った毒素は血液にも混ざり血管内をグルグルまわり、身体全体に広がってしまいます。

 

身体に入った界面活性剤は↓↓↓↓

○タンパク質を壊します

○肝臓でも分解は難しい(肝臓の細胞を壊し、肝臓障害や発ガンの原因にも)

○赤血球や白血球などの血液の成分を減らす

○奇形などの原因になります。

そして、下水処理でも分解や除去ができず、海や川を汚す環境汚染の原因になります。

 

洗濯洗剤だけではなく、香りを付け、ふんわり仕上げてくれる柔軟剤は特に気を付けて欲しいです。柔軟剤はすすぎの最後に投入されるので衣類への残留度は高いのです。一日中匂いを持続させる為にどれほど香料や合成化合物が使われているのでしょう…。 自分は柔軟剤を使っていなくても、周りの人が柔軟剤を使っているせいで体調不良になったり、頭痛などの症状が出る事もあります。

他にも生活の中で使うシャンプー、ボディーソープ、食器洗い洗剤、化粧品など、界面活性剤が使われている商品はたくさんあります。その影響で肌荒れ手荒れ、フケ、かゆみなどの皮フトラブルの症状が出てきます。

前のつうしんでもご紹介させて頂いた新しい洗濯用品の『ベビーマグちゃん』
買って頂いたお客様からは嬉しい報告がありました。

・洗濯物の匂いが気にならなくなった

・洗い上がりがふんわり♡

・洗濯物と一緒に入れて洗うだけなので楽

・汚れもちゃんと落ちる!など、、

マグちゃんは、洗浄力は合成洗剤と一緒で、消臭力は合成洗剤の10倍もあります。
天然素材のマグネシウムがお水と触れ、弱アルカリイオン水に変化する事で汚れを落とすのです。
そして、使っているうちに洗濯層の汚れやカビ、排水管の汚れもキレイになるんです。他にも、たんぽぽでは石油由来の合成洗剤ではないものを販売していますので、人にも環境にも優しい洗剤を選んで使って頂きたいと思います。

6月14日(木)に、この『ベビーマグちゃん』の説明会を行いますので、興味のある方は是非聞きに来て下さい。

紺野 理恵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自然食品たんぽぽ

自然食品たんぽぽ

投稿者の記事一覧

無農薬の野菜や無添加食品、オーガニックアイテムなど、約2000アイテムを取り扱っている小さな自然食品店で、このサイトの管理者です。

自然食品たんぽぽ
〒981-3213
仙台市泉区南中山2-2-5
022-347-3345

関連記事

  1. 自分の体と向き合う
  2. 危険な洗剤
  3. 畑歳時記と精進料理
  4. 日々の暮らし― 料理教室のあれこれ ―
  5. すぐに免疫力が上がる酵母食品
  6. 効果的な花粉症対策
  7. 鉄不足→体中が酸欠になる…
  8. 春のデトックス

アーカイブ

おすすめ記事

無害なフライパン

テフロン加工(フッ素樹脂)は、フライパンや鍋などの表面コーティングに多く使われていますが、フッ素樹脂…続きを読む

安心加工のフライパン(GreenPan)

ふっ素樹脂を使わない 安心加工のフライパン2007年にベルギーで誕生したグリーンパン…続きを読む

天然・オーガニックビタミンC

私たちの身体にとって必要なビタミンCですが、体内で合成できないので、食べ物から摂らなければなりません…続きを読む

PAGE TOP